どんな年齢層が婚活サイトに登録しているのか?その実態とは

どんな年齢層が婚活サイトに登録しているのか?その実態とは

71view

2018.07.24

主な婚活サイトでの年齢層とは

婚活サイトの会員数は20代~40代が9割を占めているといわれ、年齢層では20代後半から30代前半がメインになっています。その年齢層は本気で結婚を考える時期と妊娠、出産を考える時期が重なります。ですからこの年齢層の女性は、婚活サイトを利用して本気で結婚相手を探している可能性が高いといえます。

また婚活サイトでは男女の会員比率は、全国的にみるとほぼ5対5でバランスがとれているようです。サイトによっては30代から40代以上をメインターゲットとしたところもありますから、年代層によっては登録しやすいサイトを探すのもいいでしょう。

ネットでは年齢層別に選べる婚活サイトのランキングなどを掲載していますから、そうしたランキングの中から上位のサイトや自分に合うサイトを見つけることもできます。その中には、「10代~20代の若者が多い婚活サイト」や「40代が多い婚活サイト」、「年上の男性と付き合いたい女性におすすめのサイト」といった項目別人気の婚活サイトを紹介しているところもあります。

年代別婚活サイトの利用状況

20代前半の女性

この年代ではまだまだ結婚を本気で考えていない場合も多いのですが、この年齢で婚活サイトに登録しているとすれば、早目の結婚を考えているのかもしれません。しかし、23歳以降の5年間が婚活市場でもっとも需要のある年齢層です。自身でも結婚の適齢期に入ったことを意識する年齢層でしょう。

相手の男性も30代や40代だと、20代前半は少し若すぎると感じるかもしれません。しかし、女性にとっては自分よりもかなり年上の男性でも結婚の対象と考えている女性もいます。ですから男性次第では20歳も年下の女性でも、付きあったり結婚したりすることは十分可能です。

20代後半の女性

この年代層が婚活サイトにおいて、もっとも多い層です。それに相手の男性にとっても、丁度よい大人の会話が望めそうな上に、若さもありますから最も人気のある年齢層だといえるでしょう。そして、この年代層の女性は結婚してすぐに子供ができたとしても、安心して産める年齢でしょう。

そういった意味でも男性にとってもお付き合いしやすい年齢層になるようです。また20代の男性では30代よりも経済力や立場では劣ることもありますが、結婚に前向きなイメージを示すことで、相手へ良い印象を与えるでしょう。

30代前半の女性

30代では結婚後の出産を考えると、安心して産むことができるギリギリのラインといえるかもしれません。それだからこそ結婚についても真剣に考えていますから、相手の男性に対してもそれなりに条件が厳しくなるようです。

また、30代の男性では20代よりも収入面や役職などで有利になります。婚活市場においても最も有利な年齢層ですから、女性にとっては狙い目になるでしょう。

30代後半の女性

30代では前半と後半では需要がかなり違ってきますし、この年齢層になると、子供を作ることが難しい年代になってしまいます。そんな意味で結婚を考える女性が減ってきます。この年齢層で結婚を考えている女性では出産は意識せずに、人生の良きパートナーを探しているといえます。

そして、この年代の女性から徐々に婚活サイトも少なくなってきます。しかしこの年齢層の女性はわりとプライドが高くて、相手の男性に求める条件も厳しい印象があります。

40代の男女

40代での年齢層では、離婚の経験や子持ちといった諸問題もありますが、今は再婚や子持ちのシングルを応援する婚活サイトもありますから、そうしたサイトを利用するのもいいでしょう。またこの年齢層の人は相手に求める条件もあまり厳しくなく、容姿や収入にはあまりこだわらないタイプもいます。

女性側も子供はもう厳しいという負い目もありますが、夫婦ふたりで幸せな生活がしたい、共通の趣味を楽しみたいという共通の思いがあれば良いパートナーとなることも可能でしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る