婚活サイトでは絶対にプロフィール写真を載せないといけないの?

婚活サイトでは絶対にプロフィール写真を載せないといけないの?

82view

2018.07.24

プロフィール写真なしでは、お相手候補選びができない?

婚活サイト、マッチングサービスなど、パートナー探し目的のサイトの多くでは、プロフィール写真の掲載が推奨されています。特に、新たな出会い、恋人候補を探すマッチングサービスではその傾向が強く、印象的なプロフィール写真が撮れるかどうかが、パートナー探しの成否を大きく分けるともいわれるほどです。

しかし、ネット上に自分の顔を掲載することに抵抗を持つ人もいます。頻繁にあることではありませんが、載せた写真が、無関係の商品の利用者の写真などに悪用されるリスクもあります。かといって、自分の写真は載せたくないけど、パートナー探しでは相手の写真が見たいというのも不公平感が否めません。

まず、ネットで不特定多数に自分の写真が見られるリスクについては、自己防衛の意識をしっかり持つしかありません。マッチングサイトでは誰でも見ることができるわけでなく、会員に限っているはずです。その辺りのセキュリティに不安を感じるサービスであれば、利用しないという決断も必要でしょう。

また、婚活サイトの中にはお相手選びに、プロフィール写真を使わないところもあります。楽天オーネットでは、プロフィールのみでお話申し込みをし、相手もこの人ならお話してみたいと了承を得たあとに、顔写真が相手に公開されます。

顔を見て、それほど好みじゃない、と思う可能性もあります。ですが、事前のプロフィール交換で少しでも好意を感じていたため、もうちょっとお付き合いしてみようと交際に発展するケースが多いそうです。顔写真の公開に警戒心の高い方は、このような仕組みの婚活サイトを利用するのも、よい方法です。

確かに顔写真は、第一印象を決める大きなファクターではありますが、交際、結婚に繋がるために最重要のポイントではないようです。それでも、交際のきっかけ、プロフィール交換で、より印象を高めていくために、好感度のあがるプロフィール写真を用意しておくことは大切です。次項では、好感度のあがる写真のポイントを紹介しましょう。たかが写真ですが、このような工夫も成婚率アップのポイントです。

好感度があがるプロフィール写真撮影のコツ

婚活サイトに掲載する写真は、メインのプロフィール写真プラス2、3枚が標準的な枚数です。メインの写真は、顔がよくわかる、上半身より上の写真がベターです。室内よりも屋外の明るい場所で撮った方が、雰囲気もよく好感度の高い写真になります。

写真は自撮りでなく、気心の知れた友人、もしできれば異性の友人が良いでしょう。異性に見せるためのプロフィール写真ですから、異性視点で撮ってもらった方がいいカットになりやすいからです。また、カメラもスマホよりもグレードの高いカメラを用意した方が写真に深みが出ます。

無理なポージングや表情作りはする必要ありませんが、自然な笑顔になるように心がけましょう。カメラマンと気軽におしゃべりしながら、いろいろなカットを撮って後で選びましょう。服装は得におしゃれにする必要はなく、清潔さ、清楚さを意識したものがベストです。

2枚目は全身が写る構図で撮影します。1枚目と同じシチュエーションでもよいのですが、できれば場所を変えて背景と一緒に写ったものがよいでしょう。可能ならば旅行中とわかるような写真だと、話のきっかけにもなるのでおすすめです。

3枚目は趣味や仕事に打ち込んでいるところなど、日常の風景からの1コマを狙います。女性なら料理をしている写真や庭の花の手入れをしている写真、男性なら車やバイクのメンテナンス中の写真や模型作りなどもよいでしょう。スーツを着た仕事中のカットがあれば、それもとても印象的なカットになります。

2、3枚目の写真は顔や背格好がわかるだけでなく、生活感や趣味といった個性を垣間見ることができるので、お互いをよく知るための話のきっかけ作りにもなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る