婚活サイト登録時に必要となる本人証明書類ってなに?

婚活サイト登録時に必要となる本人証明書類ってなに?

34view

2018.07.24

婚活サイトに必要な本人証明

婚活サイトとは

今日の日本では少子化がささやかれる中、さらなる重大事件が起こっています。それが結婚率の低下です。以前ではお見合いをしてまで相手を探していましたが、現在30代後半に差し掛かっても独身でいる方が多くみられます。現在はインターネットの普及が進み、他人と直接接触する機会が減ったことから、男女間のコミュニケーションを上手く取れない若者が増加してしまいました。

また20〜30年前まで普通に行われていたお見合いもすっかり減っています。このような要因から、結婚適齢期を迎えても独身でいる方が多くなってしまいました。

しかし一方では結婚したくても出会いがない、という悩みを抱えている方もいらっしゃいます。そんな方々の婚活をサポートするのが「婚活サイト」と呼ばれるサイトです。婚活サイトに登録すると同じく結婚を望んでいる異性とサイトを通して知り合いになるきっかけを作ってくれます。サイトを通して真剣交際し、数え切れないくらい多くのカップルがゴールインしています。

現在パートナーがいらっしゃらない方には是非お勧めのサイトです。

婚活サイトと出会い系サイトの違い

婚活サイトと出会い系サイトは、同じ異性との出会いが得られるサイトです。しかし両者には大きな違いがあります。婚活サイトは真剣に生涯のパートナーを求める方だけが登録するサイトです。一方出会い系サイトは交際相手、または異性の友達を求める方が登録するサイトとなります。

つまり、出会いに対する真剣度合いが違うということです。また、出会い系サイトが入会費や登録料を無料としているサイトが多いのに対し、婚活サイトのほとんどは有料設定になります。これは婚活サイトの方がより真剣交際を求めている方の割合が多く、趣味や気の合う方を紹介するマッチング能力に長けていることからです。サイトが良質なため、費用が発生すると考えてよいでしょう。

婚活サイト登録時に必要となる本人証

婚活サイトには証明書類が必要

婚活サイトでは結婚のパートナーを探すためのサイトです。よって、もちろん既婚者は登録・入会することができません。婚活サイトなのに既婚者が登録していたらそれはサクラのような存在になってしまいます。従って婚活サイトでは厳しく個人情報の提示を求められます。そして、どの婚活サイトでも必ず提示しなければならない書類が「本人証明書類」です。

本人確認書類とは

本人確認書類とは婚活サイトに登録しようとしている方の

  • 名前
  • 生年月日
  • 証明書の有効期限

が分かるものを提示しなければなりません。一番手っ取り早いのが免許証やパスポートなど顔写真が載っている証明書類です。これを本人確認証として提示します。

その他にも

  • 健康保険証
  • マイナンバーカード

なども本人証明として有効な書類となります。

(一部の婚活サイトではマイナンバーカードのみの本人証明を許可していない場合があります)

提示の仕方は簡単!

本人確認証の提示は手間がかかるだろうと思うかもしれませんが、意外なほど手間はかかりません。提示方法はスマートフォンなどの携帯端末のカメラ機能で証明書類の写真を撮り、それをサイトにアップロードするだけで結構です。コピーを取りそちらを郵送する、などという手間は一切かかりません。(もちろん写しの郵送でもOKとしている婚活サイトもあります)本人証明書類提示の手間を気にされている方はご安心ください。

そのほか、婚活サイトに登録する学歴や年収などの個人情報は強みとなります。

  • 独身証明
  • 学歴証明:最終学歴の卒業証明書
  • 収入証明:源泉徴収票または確定申告書又は納税証明書
  • 住所証明:住民票(取得後半年以内)

上記のような書類をスマホカメラで撮影し、婚活サイトにアップロードすればプロフィールとして反映されます。

特に高学歴・高収入という条件が付くと、異性からの印象が断然良くなります。もちろん、男女間で最終的に大切なのは人間性です。しかし、前情報としてプロフィールでプラスに働く情報があれば事前に提出し、出会いの可能性を広めるべきでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る